コロナウイルスの影響拡大

連日コロナウイルス関連のニュースが報じられていますが、事態は収束するどころか拡大しています。住んでいる地域ではまだ感染者は出ていませんが、自分の周りにも影響が出始めています。

母が楽しみにしている市民講座やコーラスなどは、4月までお休みになったそうです。中高一貫の女子校に通っている姪っ子からは、休校になったという電話が掛かって来ました。いつもはラインですが「ラインじゃ伝わらないと思った」と興奮気味。数日後に期末テストを控え夜遅くまで勉強していたようですが、テストも中止になったそうです。

実は姪っ子は中学三年生。この春は卒業を迎えるわけですが、卒業式も中止とのこと。ただし、高校の卒業式はあるんだとか。姪っ子によれば別の高校に行くのは一人くらいとのことで、友達と離れ離れになるわけではないものの、仕方のないこととは言え、やはり寂しいだろうと思ってしまいます。

先日、妹と「こんなとき、家で仕事できるのはいいよね」などと話したばかりですが、学校が休みになることで在宅の仕事にも影響が出始めています。現在、数社から仕事を受けていますが、そのうちの一社から3月も通常通りの対応が可能かどうか確認するメールがありました。小さいお子さんのいるご家庭では、在宅と言えども学校が休みになれば仕事をするのは難しいのかもしれません。

最近はドラッグストアに行くとマスクのコーナーには数量制限の紙が貼ってあるのですが、そもそも商品がありません。お店をいくつか回ってみても、あるのは学童用や小さなサイズばかりで、我が家で使えるようなものはありませんでした。母が聞いてみたところ、開店前に整理券を配っているそうです。風邪をひいたり花粉症だったりしてマスクが必要な方は特に、朝から並ぶのは大変だと思います。

100均に行くと入り口に「本日のマスクの入荷は未定です」と書いてありました。ウェットティッシュのコーナーにも「一人2個まで」の張り紙。ちょうどウェットティッシュが切れかかっていたのでドラッグストアに行ってみると、幸い、ウェットティッシュはまだ売っていました。

次の日スーパーに行ったときは、トイレットペーパーとティッシュの棚は空っぽ。「オイルショック以来だな」との声が聞こえます。買いしめや転売をしないように呼び掛けていますが、これでは不安になってしまうのも当然ですね。

母が消毒用アルコールを欲しがっていたので探してみましたが見当たりません。台所用アルコールスプレーのコーナーにも数量制限の注意書きがあり、商品は残っていませんでした。

念のためAmazonで調べてみると、ずいぶん高い… いつもはドラッグストアより安いことも多いので、びっくりです。やはり手に入りにくくなると値段は上がるのでしょうか。

この分だと、ウェットティッシュや除菌関連の商品は手に入らない・入りにくくなりそうです。そう思って「買っておこう」という行動が品不足を招いているのかもと思いますが、小さいお子さんのいるご家庭などではやはり不安でしょう。

実はウィルス対策でもっとも効果のがあるのは手洗いだと言います。石鹸は使わなくても、水洗いだけでも効果は期待できるそうです。普段以上に手洗いを心がけたいですね。

コメントは受け付けていません。